入れ歯

快適な入れ歯で笑顔で過ごしましょう

合わない入れ歯を無理して使っていませんか?
合わない入れ歯を使い続けると、食事をする時に痛みを感じたり、入れ歯が気になっておしゃべりが楽しめなくなったり、人前で歯を見せることが嫌でうまく笑えなくなってしまう等、様々な問題が起こってしまいます。
歯を失ってしまった部分の歯ぐきは、少しずつやせていきます。
そのため入れ歯を作って数年もすると、最初はぴったり合っていた入れ歯も、合わなくなってきてしまうのです。

ぴったり合った入れ歯は、認知症や寝たきりの予防に

入れ歯がぴったり合っていないと、認知症や寝たきりとなる程度が、入れ歯がぴったり合っている場合より高くなることをご存知でしたか?
つまり、入れ歯はお口もとだけではなく、全身の健康に関係しているといえるのです。
ぴったり合った入れ歯でよく噛んで食事をして、元気に暮らしていくためにも、入れ歯が合わなくなってきたと思ったら作り直しを検討してみましょう。

入れ歯と認知症・寝たきりの関係

当院の入れ歯について

当院では、基本的に保険診療の範囲内で入れ歯をお作りしています。
患者様のお口の状態をよく診たうえで、最適な入れ歯をご提案させて頂きますので、まずはお気軽にご相談下さい。(一部保険適用外の入れ歯もございます。)

違和感が少なく頑丈な入れ歯

 ノンクラスプデンチャー
(保険適用外)

金属の金具を使用しない入れ歯です。
薄くて丈夫な素材を使用して製作するため、見た目にも入れ歯であることがわかりにくく、違和感が軽減できます。
また、一部分だけに目立たないように金属を使用した、より強くかめる頑丈なタイプもあります。

技工所と連携しています

フラワーデンタルクリニックは、株式会社札幌デンタル・ラボラトリーと連携して、患者様お一人おひとりにぴったりの入れ歯を作成しています。
株式会社札幌デンタル・ラボラトリーは、1968年創業の歴史ある歯科技工所です。