メタルフリー

メタルフリー

金属アレルギーが心配な方も安心です

いわゆる「銀歯」は、安価で耐久性もあることから、保険治療では長年使用されてきました。
現在、治療に使われているのは、主に「金銀パラジウム合金」や「アマルガム」などの金属です。
しかし近年、「銀歯」による二次むし歯・歯周病・金属アレルギーへのリスク、また、見た目の悪さなどの問題が話題になり、銀歯の治療は避けたいという方が増えてきました。
当院では、金属を使用しない「メタルフリー治療」を行っています。
見た目の美しさだけでなく、予防の観点からもおすすめの治療方法です。

銀歯とメタルフリーの歯

銀歯とメタルフリーの歯
  • 二次むし歯・歯周病になりやすい
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 見た目が悪い
  • 歯茎が黒ずむことがある
銀歯とメタルフリーの歯
  • 二次むし歯・歯周病の予防
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 見た目が美しい
  • 天然の歯に近い硬さ

銀歯がトラブルのもとになりやすい理由って?

  • ・セラミックなどのメタルフリー素材と比べ、汚れが付着しやすい
  • ・歯科用セメントではめこんだ状態(合着)なので、セメントが溶けると歯との間に隙間ができてしまう
  • ・錆たり劣化したりして歯との間に隙間ができやすい
  • ・天然の歯と熱膨張係数が異なるので、温度による膨張・収縮で、歯との間に隙間ができやすい

メタルフリー素材ならそんな心配もありません!

最適なメタルフリー素材をご提案します

メタルフリー素材は様々な種類があり、硬さや白さなどが異なります。
素材は硬ければ硬いほど良いというわけでも、白ければ白いほどいいというわけでもありません。
治療する部位によってかかる力が違うので、周囲の歯を傷つけない硬さの素材を選んだり、お一人おひとりの歯の色に合わせた素材を選ぶ必要があります。
当院では、お一人おひとりのお口の状態をしっかりチェックしたうえで、「セラミック」「ジルコニア」「ジルコニアセラミック」といったメタルフリー素材の中から、最適な素材を選択してご提案しています。

セラミック

セラミックは透明感があり、見た目は天然歯に最も近い素材です。
汚れがつきにくく、変色・劣化もほとんどしない、耐久性に優れた素材です。
その透明感を活かして、前歯の治療などによく使われます。

セラミック

ジルコニア

ジルコニアは、セラミックと同じく、汚れがつきにくく、変色・劣化もほとんどしない、耐久性に優れた素材です。
また従来のセラミックよりも硬い素材で、欠ける可能性がかなり低くなります。
透明感ではセラミックにやや劣りますが、噛んだ時大きな力がかかる奥歯には最適な素材です。

ジルコニア

ジルコニアセラミック

ジルコニアをもとにして、表面に別の種類のセラミックを盛りつけます。
ジルコニアを使用して強度を保ちながら、透明度の違うセラミックを盛りつけることで自然な歯の質感や透明感を出す事ができます。
硬さと見た目の美しさを兼ね備えた治療方法です。

ジルコニアセラミック