むし歯について

できるだけ抜かない・削らない・痛くない・不安の少ない治療

当院ではできるだけ歯を抜かない・削らない・痛くない治療を心がけています。
なぜなら、むし歯の治療で一度削ってしまった歯は、元どおりの強さに戻ることはないからです。
かぶせ物や詰め物で、なんとなく歯が強くなった気がしても、実際には歯を削れば削るほど、天然歯の寿命は短くなってしまいます。

当院での虫歯治療について

 M.I.を実践しています

M.I.とは「Minimal Intervention(ミニマルインターベンション)』の略で、「最低限の侵襲」という意味です。
できるだけ抜かない・削らない・痛くない、不安の少ないむし歯治療で、皆様の歯の健康を守ります。

むし歯の原因って?

皆さんはむし歯の原因をご存知ですか?むし歯の原因は主に「歯質」「糖質」「口内細菌」の3つで、 これらの要素が関わり合い、時間の経過とともにむし歯が発生します。
歯質、糖質の摂取量、口内細菌の数には個人差があります。
たまに「甘いものばかり食べているけれどむし歯にならない」「あまり歯磨きしていないけれどむし歯にならない」という方がいますが、そういう方は口内の原因菌の量がもともと少なかったり、唾液の力(歯から溶け出したカルシウムなどの成分を元どおりにする働き)が強い方が多いようです。

むし歯の3つの原因

歯質
糖質
口内細菌

むし歯の進行

むし歯はこうして進行します。最終的には歯の神経が死んでしまい、痛みも感じなくなってしまいます。

① CO(白濁が見られる)

ブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります

② C1(痛みをともなう自覚症状がない)

表面のエナメル質がむし歯に侵されています

③ C2(冷たい水が歯にしみる)

象牙質までむし歯が進んだ状態です

④ C3(ズキズキと痛む)

神経までむし歯が侵食してしまっています

⑤ C4(歯根の先に膿がたまる)

根や根の周りにも影響が出て全体が侵食されています