親知らずの抜歯

親知らず抜歯

抜歯する?しない?
まずはご相談下さい。

「親知らずは抜くべき?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
親知らずは、抜歯したほうが良い場合と、抜歯せずにのこしておいたほうが良い場合があります。
気になる親知らずの抜歯を検討している方はもちろん、抜歯するかどうかお悩みの方も是非ご相談ください。

親知らず抜歯したほうがいい場合

こんな場合は親知らず抜歯をおすすめしています。

① 親知らずが少しだけ見えていて、
これ以上出てきそうにないとき

親知らずが斜めや横向きに生えていると、きちんと生えきらずにむし歯や歯周病になりやすいです。

② 親知らずが周囲の歯を押していて、
歯並びに影響があるとき

親知らずの生え方によっては手前の歯を強く押して、歯並びに悪影響が出ることもあります。

③ 親知らずの周りに嚢胞ができているとき

埋もれた親知らずをレントゲンで撮影すると、周りに袋状の影が見えることがあります。
これを残しておくこと、痛みや腫れなどのトラブルの原因となります。

④ 親知らずが歯ぐきや頬を傷つけているとき

親知らずは噛み合わないとどんどんのびてきます。向かいの歯ぐきや頬の粘膜を傷つける原因となります。
また顎関節症を起こす原因にもなりえます。

⑤ 親知らずがむし歯や歯周病になっている

歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病が進みやすい歯です。
きちんと生えている場合でもひどい虫歯や重度の歯周病になっている場合には残しておかないほうが良いでしょう。

親知らずを残しておくと、
再利用できることも!

親知らずを抜かずに残しておくと、歯を再利用できることがあるとご存知でしたか?
親知らずは以下のような場合に使うことができます。
親知らずが綺麗に生えている方は、抜かずに残しておくのも、ご自分のお口の健康を守るためのひとつの選択です。

① 他の歯を抜歯したとき、その部分に移植することができる

② 手前の歯を抜歯したとき、親知らずを支えにブリッジを入れられる

③ 手前の歯を抜歯したとき、矯正で手前の位置に移動できる

安易に抜歯せず、しっかり検討します

親知らずとはいえ、大切な歯にはかわりありません。
フラワーデンタルクリニックでは、お口の中を全体的に検査して、その後親知らずが移植に必要になる可能性なども考えたうえで抜歯をするかどうかを決めていきます。
安心して治療を受けていただけるよう、なるべく腫れない・痛くない抜歯を心がけています。